むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

「くりぼっち」な腐女子の過ごし方。妄想の世界は寂しくない

▽スポンサーサイト

 

 

海外ではクリスマスはイエス・キリストという聖人の

生誕日であり家族と過ごしたり、ミサなどに参加して

厳かに過ごすものだそうです。もちろん国によって違うでしょうけれども。

 

しかし、ここにっぽーんでては違います。

 

クリスマス=恋人と過ごす日

 

誰だ、こんなくそみてぇな方程式作りやがったやつ。

喪女に全面的に喧嘩売ってるな。

 

 

 

 

 

クリスマスをひとりで過ごしたくないから

という理由でこの時期に合わせて恋人を作る、なんて

本末転倒もいいところな行動を移す人もいます。

 

しかし、年々結婚願望、恋人を持つ男女が減っている日本で

クリスマスにイチャイチャしやがっているカップルもだいぶ減っていることでしょう。

喜ばしいことなのかそれとも少子化的に悲しいことなのか。

 

そんな国にっぽんぽんではクリスマスに一人で過ごすことを

「クリぼっち」ということです。

 

はじめて聞いた時、たまごっちの新種かと思いました。

ひとりで過ごすのはそんなにおかしいのか。

 

そんな「クリぼっち」たちはどんなことをしているのかなと

調べてみたところ、以下の様な過ごす方をしているようです。

 

1。家族と過ごす

2。レンタルで映画鑑賞

3。思い切って一人で高級レストラン

4。一人カラオケ

5。オンラインゲーム(クリスマスイベントとかやっているところありますしね)

6。ソーシャルゲームに打ち込む(上に同じく)

などなど。

 

 

恋人なんてそれがなんだ!と全力で一人を満喫しようと

している姿勢が素敵です。グットです。

 

世の「クリぼっち」な女性たちがどんな過ごし方をしているのかは、

調べればわかりますが、オタクで腐女子な喪女はどんな過ごし方をしているのかな、

というのはなかなかわかりませんでした。

 

あれ、なあり、の、同族、いない…?

 

そんなこんなで切ない想いをしたので、

きっと仲間がいるだろう!という希望を込めて

 

オタクで腐女子で喪女な「クリぼっち」の過ごし方を

ざっと5つぐらい上げてみようと思います。

 

1。好きなキャラクターへクリスマスプレゼントを買う

そのままですね。マンガやアニメなどの好きなキャラクターが

好みそうなものを購入して、そのキャラのポスターなどに捧げます。

完全なる自己満足です。傍から見たら狂気以外のナニモノでもない。

 

2。好きなキャラクターへケーキを作ってお祝いする

好きなキャラクターの誕生日を祝うためにケーキを作ったり、

「好きな彼のためにお弁当つくっちゃった」という設定で

お弁当作ってみたり、そして一人で食べたりという行為は

まぁ、ファン活動の一環として行われています。

それのクリスマスバージョン。ただそれだけのことです。

 

3。女友達と盛り上がる。(※ただしみんな腐女子である)

これ学生時代なら可能かもしれませんが社会人になると難しくなることが多いです。

一昔オタク=彼氏(彼女いない)という認識をされていましたが、

(男性オタクはわかりません)最近の腐女子はかわいい子が多い。

そして、彼氏持ちが多いという印象なので腐女子で喪女という

同属性の仲間がいない可能性が多々ありますよね。

 

ちなみになありにはいません。

 

結婚してたら恋人どころか夫や子どもなどの家族優先になって当たり前ですしね…フフフ

 

4。ハマっているキャラクターカップルの過ごし方を妄想する

本命。

クリスマスしかり、お正月しかり、バレンタインしかり、そのほか色々なイベントを

妄想のテイストとして添えるととてもおいしくなります。

 

クリスマスは恋人のイベントとなっているので

妄想の世界での設定としてはとてもおいしいです。

グットグット。ありがとう八百万の神様、となります。

八百万の神イエス・キリストも含まれます)

 

5。二次創作(原作を元に小説やイラストマンガなどを書くこと。ファン活動の一つ)作品を書いて、PixivなどのSNSサイトに投稿する。

創作活動をしている方におすすめしたい過ごす方。

時間がかかる方は前々から少しずつ勧めて、

クリスマス当日を目標に完成させましょう。

同じようにクリスマスをテーマに二次創作を行っている人は

それなりにいらっしゃいますので、他の人の作品を読むのもいいですね。

 

何より達成感と誰かと萌えという自分の中の理想や好きという気持を共有できた、という感覚を得られるので虚しい気持ちがどこかに消え去ります。

 

他にもニコニコ動画のクリスマスの生放送を見てみたり、

クリスマス動画巡りをしたり(季節のイベントをテーマにした動画を定期的にアップロードする人たちがいるので)巡り巡っていれば気づかないうちに日付は終わり聖夜終了。

一夜にして町中からクリスマスムードは消え、

お正月ムードに変わります。

 

仕事で忙しい人もいるでしょうし、

一日…イブを含めて二日間耐えるだけです。

 

いえ、違いますね。

 

耐えるのではなく、ひとりぼっちを楽しむための日、と思いましょう。

あれです。どんなに人に囲まれていもどんなにお金を持っていても

人間黄泉路をいくときはひとりです。

 

その練習だと思いましょうね…

 

 

まぁ…なありは家族と過ごすんですけどね!(ただし、カップルがいちゃつく時間帯はひとりでネットに張り付くのが毎年の習慣である)あと仕事です!

 

 

クリスマス?なにそれ?美味しいの?

クリスマス?なにそれ?美味しいの?

 

 

 関連記事

mutitumi.hateblo.jp

 

 実はこの曲ニコニコ動画で聞けるからぜひ一人の聖夜に聞こうぜ!