読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

2016年喪女ぼっちバレンタインのチョコをアマゾンで物色する

▽スポンサーサイト

 

 

さて、今年もやってきました。

製菓会社の陰謀の日。男がお菓子一つに踊らされる日。

 

その名も魔のバレンタインデー

 

リア充の諸君は今年もまた製菓会社の陰謀に踊らされていのかな。

なありはね。送る相手も友チョコを貰う相手も本命をくれる人もいないよ。

あははははははははははははh(r

 

ぼっちでも自分チョコを買うことはできるよね。

キャッキャと華やかなイケ女子()たちを尻目に

ブサキモ喪女がひとりでチョコレート売り場を物色するというのもいいのだけれども、

糖分と引き換えにするには心的ダメージが大きすぎる。

 

ので、ここはやはり、みんなだいすきアマゾンさんのバレンタイン特集!

 

からちょっと物色しようと思います。

 

www.amazon.co.jp

 

目次

 

 

 人気が高いのはやっぱりゴディバ

 

ベルギー王室御用達の老舗の味はやはり格別。

お値段もそれなりだけれどもお味も値段に見合ってものです。

一度だけ食べたことがあります。ふた粒ほど。

こう、口の中で甘さがとろけるというか、ふわというか。

うん、うまく言い表せないのだけれども、一言でいうと大変おいしかったです(小並感

コディバ、クープダムールセレクション

 

 

こちらの「コディバ、クープダムールセレクション」のピンクの箱には、

2016年限定のチョコレートを詰め合わせが入っています。

限定、と聞くと心が疼く…っ!!

 

これは9粒ですが、他にも5粒、3粒とありますので、

ぼっち様はお好みの数を選べますね。

 

 

ゴディバ クープダムール キープセイク5粒 

こちらは2016年限定のチョコレートと人気定番チョコレートの詰め合わせ。

パッケージが凝ってます。ネコのチャーム付きです。

 

ねこずきにはたらまんですな。

5粒なら一人で食べきれないこともないです。

お値段も入れ物が凝っていることをいれれば妥当なものかなぁと。

 

 

 

些細なものでいいという人はこちらでもよろしいかと。

でもせっかく自分にプレゼントするならやっぱり少し高くても特別感があるものがいいですよね!

 

 モロゾフ

かわいいものからシックでかわいいものまで取り扱っているこちらも老舗企業。

 

モロゾブラブリーベア

 

 

 パッケージはおしゃれ。数はぼっちには少し多いです。

ディディベア好き、かわいいもの好きの人におすすめしたい。

 

 

モロゾフ 花結

 

同じくモロゾフ。和風チックなひとしなです。

桜をモチーフにした形のチョコレートなど入ってます。

これは抹茶と一緒に食べたりするといいかもしれません。

和風好きの方におすすめしたいひとしなです。

 

モロゾフ ローズデローズ

 

 またまたモロゾフ

色鮮やかなチョコレート。宝石のような輝き。

大変おいしそうです。なんかもう紹介というよりも感想になってますが。

 

 

アマゾンには見当たらなかったけれども気になったチョコレート。

 

メリーチョコレート

フェミニンでかわいらしいデザインのチョコが多い印象。

気になったのはインヘリテッドシリーズとコラボシリーズ。

コラボは星の王子さまムーミンなどとしていてバッケージも入れ物のデザインも素敵。星の王子さまは三日月形をしていました。

 

公式サイト:メリーオンラインショップ

 

うーん、やっぱりアマゾンで取り扱っていない商品も多々あるようで、

これいいなと思ってアマゾンで検索すると他の商品は取り扱ってるけれども

肝心の商品は取り扱っていない、というのがありました。

 

ぼっち用のものなので、チョコレートの数は少なく、大きくもなくというのを優先して選んだので結局値段は手が届くぐらいになりました。こう、なんかもっと自分に大きなプレゼントをしてあげたい。

 

 

 

つぶやき。

 

さすがアマゾンさんやで!と思うほどの品の多さに感心すると共に

限定品や一部の商品なんかは大手の通販会社は通さずに自社のサイトで

売ってるんだなぁという気づきを得ました。

自社の通販サイトを使ってもらうことで顧客情報を得るとともに

イベントごとにメルマガなどで通達、スルーされる可能性が高いけれども

こまめに見てくれて購入してくれる客がその分増えるのは確実で…と

企業づとめしたことないけど無駄に分析()じみたことをしてしまうちょっとわたしかしこくない?すごくない?と自画自賛したい誰かに認めてもらいたいそんなさびしい喪女がここにひとり。

 

さびしけり