むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

快適に眠るの4つの要素と方法ついでに喪女の睡眠事情【バイキング!ひるたつ】

▽スポンサーサイト

 

どれだけ睡眠時間をとっても一日中眠い。

なんだか疲れがとれない。

早くに眠ると夜中に目が覚める。

それから眠れない。

 

全部当てはまるぼっちオタ喪女です。

終いには「こんだけ眠っても眠いなら全部同じだぜ!」

と無理やり起きることにしています。

だって、一日の過半数を眠っているんだもの。

やりたいこともできないこんな人生じゃポイズン

 

ぼー、と昼間にテレビをみていたら

惰性で視聴しているバイキングのひるたつで

 

心地よく眠る方法、みたいな特集をしていました。

 

これだ!と思ってメモったことを記録。

メモったけれどもメモ用紙はなくす確立が高いからね…

 

目次。

    

 

快眠のための4つの要素

 

睡眠時間 → 理想は七時間半

環境 → 真っ暗(難しいならアイマスク使用推奨)

姿勢 → 仰向け(大の字でリラックス)

 → 自分にあった高さのモノ

 

説明とバカ喪女なりの考え

 

理想は「七時間半」睡眠時間

米国の研究で七時間半の睡眠をとっている人たちは

これより短い睡眠時間の人たちより寿命が長いという結果がでているとか。

たしか「月曜から夜ふかし」でも短時間睡眠は寿命を縮めると放送してた。

 

ぶっちゃけいうとそんなに眠れるか。

 

個人的にはいくらでも眠れるけれども時間が足らないのよね。

一日は24時間しかないの知っていて?

 

世の中にはロングスリーパーショートスリーパーという分類があるように

睡眠時間には個人差があると思います。

あと研究の方法はだいたいが統計学なので

「そういう人が多かった」というだけです。

 

少数派はみえないだけで、

「自分は眠る時間短いけど平気」という方もいます。

何事にも例外はあるので短時間睡眠で長生きする人もいるでしょう。

 

ただ、最低でも「5時間半から6時間」は眠ったほうがいいと

脳科学の本で読んだ記憶もあります。

身体は大丈夫でも脳はそれぐらい睡眠を欲していると。

 

それにtwitterで「短時間睡眠で頑張ってるぜ!」という人は

若い頃はいいけれども突然死する、年をとってから病気になる

というのもよく見ます。

 

なのでショートスリーパーの方も、

可能な限り睡眠時間は長くした方がいいと思います。

 

もしくは一定期間七時間半の睡眠時間をとってみて、

短い睡眠をとっていた頃と比べてみる、

というのはどうでしょうか。

 

 

理想の環境は「真っ暗」

小さな豆電球やテレビなどの電源の光などもNG。

環境的に難しいならアイマスクをするといい。

 

 

スマホなどの光は昼間の太陽に含まれているのと似ているので

身体が昼だと勘違して、快眠を妨げることがある。

→また、明るいところが眠っている人の肥満率が高いというデータあり。

 

これは古代、夜は暗闇に覆われていたからなんじゃないかなぁと。

月明かりだけ。星の明かりが頼り。天候によってはそれすらない。

 

ぼっち腐れ喪女的アイマスクについての意見

アイマスクは個人的には耳にかけるタイプをおすすめします。

マスクみたいなあれですね。

「痛くなるからやだなぁ」という方もいると思います。

 

でも、頭の後ろでマジックテープで止めるタイプは

目覚めると高確率でどこかに行方不明になっています。

つまりは外れています。意味がない。

 

寝相が悪い人や髪の毛がさらさらいている人は注意。

実体験でかつ個人の意見です。

 

ついでに耳栓もつけるといいかもしれない

いろいろな種類があるから最初はバラエティパック

(いろいろな種類の耳栓が入ってるの)をおすすめ。

 

こんな感じの。

とにかく色々試したい!使い捨て耳栓20種詰合わせセット

とにかく色々試したい!使い捨て耳栓20種詰合わせセット

 

 

 

 

Amazonとかで「耳栓 セット」で検索するとたくさん出てきます

 

ちゃんとしたメーカー品のものを購入することをおすすめします。

使い勝手がぜんぜん違います。

 

(百均で購入したものは固くて毎日使用していると痛い。

ボロボロになるのも早いく耳の奥まで入らないので遮音率が低い。

※実体験であり個人の意見です

 

理想の姿勢「仰向け」

 大の字になって体の力を抜くとなおよい。

横向きやうつ伏せは身体のどこかを圧迫するのでおすすめはしない。

※横向きは及第点?

 

 

仰向けで眠っていても気が付くとうつ伏せになっている私はどうしたら

 

個人差があるんじゃないかな。

仰向けだとなかなか眠れない人とかいると思うんです。

なありがそうです。あと寝相が悪すぎてあまり意味が無い。

 

リラックスできる耐性が一番だと思います。

(ただし腕枕はおすすめしていなかった)

 

理想の枕の三条件

通気性

寝心地

高さ

 

 

の3つが揃っているといい。

一番重要なのは高さ。あっていないと質の良い眠りがなかなかとれない。

 

つまりはオーダーメイドするのが一番なのでは?

お高いけれども睡眠時間のお供を務めてくれるなら安い買い物、

なのかもしれない。

 

質が良い睡眠が取れる理想の環境一例

 

理想の環境はこうですと説明されていましたが、

個人差はあるだろうし一例だと思います。

参考にていどにどうぞ。

 ◯服装は締め付けないモノ/裸体

◯枕はドーナツ型で真ん中が開いているもの

◯高さタオルで調節。

◯姿勢は手足を広げて大の字

◯部屋は暗くする/アイマス

◯理想の室温は24度

室温を保つためならエアコンを稼働させっぱなしでもかまわない

※ただし、その場合加湿器などで乾燥を防ぐこと 

 

「加湿器みたいな上等なもんはうちにないぜ!」という方には

大きめのバスタオルを水に濡らして、それを寝室にかけておく

というのをおすすめします。

何もしないよりはマシになりますよー

 

個人的意見を含めたまとめ

・身体をしめつけない服装/裸体

・睡眠時間は長くしっかりととる(七時間半)

・寝室は暗いほうがいい(アイマスク推奨)

・リラックスできてかつ圧迫しない姿勢がいい(仰向け)

・枕は自分にあったモノ(寝心地、通気性、高さのマッチング)

・室温は24度。乾燥を防ぐ対策をすること

 

まず睡眠時間を確保することから難しいのですが、

とりあえずできることをやって質の良い睡眠とやらを体験したいです。

質がよいと短い睡眠でも可能と聞いたことありましたし、

(番組で紹介されていた理想は七時間半ですが)

一番いいのは長くて質のよい睡眠

 

少しずつでもいいから睡眠の質だけでもよくしよう…