むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

ねこあつめの合言葉「半夏雨」の読み方とは?意味とは何か

▽スポンサーサイト

f:id:hioari96:20151205011722p:plain

 

ねこあつめのあいことば「半夏雨

読み方は「はんげあめ

 

グーグル日本語入力では「はんげあめ」で一発変換できると思います。

スマホの方では確認できていないのですが、変換できなかったら一文字ずつ入力するのが一番早いと思います。

 

半(はん)夏(なつ)雨(あめ)

 

ですからね。

目次

 

 

半夏雨(はんげあめ)とは何か?

半夏に降る雨

出典:半夏雨とは - 季語・季題 Weblio辞書

 

半分の夏で「はんか」と読みます。

これだけでは「?」ですよね。 

 

コトバンク、の方では、

…旧5月28日は曾我兄弟のあだ討ちの日で,この日は必ず雨が降るとされ,〈虎が雨〉と呼ばれている。半夏生(はんげしよう)に降る雨は半夏雨(はんげあめ)と呼ばれ,田植後に田の神が昇天する時の雨とされている。初田植に雨が降るという所もある。…

出典:半夏雨(はんげあめ)とは - コトバンク

 

こちらも、少しわかりにくい。

なんのこっちゃとなります。

 

とりあえず、半夏生(はんげしょう)という期間に降る雨をその名の通り「半夏雨(はんげあめ)」と呼ぶようです。

そして、田植えのときに降りてきた田の神が昇天する(天に還るという意味でしょうか)時に降らせる雨、という意味もあるようですね。

 

半夏生(はんげしょう)って何?

半夏生とは七十二候(しちじゅうにこう)の中の一つです。

七十二候とは、古代中国で考え出されたもので、四季を表すもの

 

二十四節気(季節を二十四の区分にわけたもの。夏至や冬至がこれに含まれる)よりもさらに細かく季節をわけたものです。

 

半夏雨(はんげあめ)とは、この半夏生(はんげしょう)のときに降る雨のことを指すのです。

時期はだいたい7月2日前後。

このときに雨が降ると大雨が続く、といわれています。

 

これまでのあいことば

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp