むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

MENU

ねこあつめのあいことば「狭雲月」の読み方と意味について

▽スポンサーサイト

f:id:hioari96:20190202161646j:plain

 

ねこあつめのあいことば「狭雲月

読み方は「さくもづき

 

Google 日本語入力アプリで さくも つき で分けて変換すれば出てくると思います。

でてこない場合は

 

せまい くも つき

 

と単語で変換していらない部分を消していってください。

 

 

 

 

狭雲月(さくもづき)とは

5月の異名、異称。

雲の多い月という意味。

さくもづきと同じ読み方で”小雲月”と書かれる場合もあります。

 

 

皐月(さつき)など5月を別の読み方が存在しますが、それの一つです。

 

こちらの一覧をみればわかりますが暦の異名の多さは異常

【みんなの知識 ちょっと便利帳】月の名称・異称・異名 【五月・皐月(さつき)】

 

関連記事

ねこあつめのあいことば

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp