むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

ねこあつめのあいことば「日々是恒日」の読み方と意味について調べてみたけど悟れない

▽スポンサーサイト

f:id:hioari96:20151205011722p:plain

出典:ねこあつめ

ねこあつめのあいことば「日々是恒日」

読み方は「にち にち これ こう じつ」

もしくは「にちにちこれこうにち」

 

一般的には日々是”恒”日の部分は”好”と書かれることが多いようです。

 

日々是好日(にちにちこれこうじつ)

 

グーグル日本語変換では”にちにちこれこうじつ”で、日々是”好”日(にちにちこれこうじつ)に変換できました。(にちにちこれこうにちでも変換できると思います)

 

恒日はでてこないので、”好”を”恒”に書き換えると手早く入力できると思います。

 

恒(こう)は恒星(こうせい)、恒川(つねかわ)とうって変換すれば上の方に候補がでてくると思います。

 

目次

 

日々是恒日(にちにちこれこうじつ)の意味とは?

日々是好日(にちにちこれこうじつ)

 

字面どおりに捉えるなら「毎日いいことが続いていて素晴らしい!ヽ(=´▽`=)ノ」という意味になりますが、禅語つまり仏教にかかわる言葉としてはもっと深い意味があります。

 

良い悪い判別せずにありのままに過ごす日々、それこそが好日(こうじつ)である、

 

みたいな…?(むずかしくてわからない)

 

毎日いい日が続いてけっこうなことだ、などといった浅い意味ではありません。

引用・出典:日々是好日 | 禅語を味わう || 黄檗宗 少林山達磨寺

 

上記のサイトで副住職・広瀬大輔さんはこうおっしゃってます。

 

しかし、これは優劣・損得・是非にとらわれた考え方です。
それではたとえ、ある日幸運が訪ずれても、その後に来る不運に脅えなければなりません。
日々是好日とは、そんなこだわり、とらわれをさっぱり捨て切って、その日一日をただありのままに生きる、清々しい境地です。たとえば、嵐の日であろうと、何か大切なものを失った日であろうと、ただひたすら、ありのままに生きれば、全てが好日こうにちなのです。

引用・出典:上記同サイト

 

毎日いいことが続いて良い日、ということは「いいことがなければいい日」ではなくなってしまいます。

良いことの次は悪いことが起きるのではないかと不安にかられ心を乱してしまうこともあります。

 

いい日だ、悪い日だ、という判断をせずただ、一日をありのままに受け止め生きる、その過ごし方こそ好日(こうにち)だ、

 

それが日々是好(恒)日という言葉に込められた意味なのだと思います。

 

一般人の感覚からいえばすごくポジティブな考え方で日々を捉えるということになりますね。

悟りの境地、に近い…ぶっちゃけちゃんと理解しきれてないし説明もちゃんとできないです…

 

 

ありのままに、良し悪しを判断しない、と聞くとスピリチュアル関係で引き寄せの法則などを思い出します。

 

これまでのあいことば

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp