読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

映画『デスノート』2016年に”続編”が公開されるらしいです!

▽スポンサーサイト

 

 

映画『デスノート』の続編が制作されるようです。

 

www.fashion-press.net

 

ジャンプマンガからはじまり、アニメ化ドラマ化、そして映画化。

あまり知られてないかもしれませんが小説化なんかもされていたりします。

 

 

今回の映画は実写映画として2006年に公開された『DEATH NOTE』と

その後編にあたる『DEATH NOTE the Last name』の二部作の続編となります

 

 

デスノートにはいくつかルールがあります。

ルールについては詳しくはこちらのサイトを御覧ください

DEATH NOTE

 

 

原作以外に登場してないルールを使用した壮絶なバトルを描いた映画となるようです。

舞台は2016年超高度情報化社会となった日本に現れる新たな天才。

彼らとDEATH NOTEを巡る物語。

 

 

こちらからは前作映画とか原作のネタバレ含みますのでご注意!

 

はっきりとは覚えていないのですが、

たしか映画の最期でキラも

明確には描かれていませんでしたが、

Lもなくなっていたはずです。

 

こちらのブログさまにとても詳しく内容が

書かれておりますので、気になる方はどうぞ

映画『デスノート the Last name』ネタバレあらすじ結末 - 映画ウォッチ

 

 

 

この新たな天才、とは一体誰になるのでしょうか。

 

ドラマで不遇だったニアとメアコンビでしょうか?

それとも完全オリジナルキャラクター?

 

原作ではLの後釜であるニアとメアがあらわれたけれども

キラは生きていました。

 

原作の物語の主軸となっていた二人の天才の不在。

それでどうやってDEATH NOTEという世界を紡ぐのでしょうか。

 

DEATH NOTEはキラという天才と

Lという天才どちらの存在もあってこその物語です。

 

これはかなり個人的意見なのですが、

Lが欠けたからのDEATH NOTEに対しては

あまり興味がわきませんでした。

 

ニアとメアというキャラクターはとても

魅力的だったのですが、Lの存在感は別格だったからでしょうか。

 

 

うーん、二人が不在のDEATH NOTE

気になると言えば気になるのですが、

それは果たしてDEATH NOTEといえるのでしょうか。

 

死神も”DEATH NOTE”というアイテムはあるのでしょうけれども。

 

原作厨乙wって言われちゃいそうですけど。