むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

臨床心理学者 火村英生の推理5話「ショーウィンドウを砕く」懐かしの古畑任三郎形式だよ!ネタバレ感想

▽スポンサーサイト

 

第五話「ショーウィンドウを砕く」

あらすじ冒頭での朱美ちゃんとのやりとりは

 

「朱色の研究」への伏線かな?

長編だけどどうやるの…

早送り回になぐるらいだったら、

前編後編、構成にしてくれたほうがいいかな。

 

今回は未読回なのであらすじ以外知りません。

次回予告から犯人もろバレ状態。

つまりは古畑さん形式。

 

果たして、今の若い世代は古畑さん知ってる?

ねぇ古畑さん知ってる?

 

関係ないけど、朱色の研究は漫画化されてます。

某筋で有名な麻々原絵里依さんが描かれています。

火村もアリスもイケメン。

 

 

 

 

 

これは持ってる。朱美ちゃんは美人さん。

 

 

 

目次。

  

 

 

第五話「ショーウィンドウを砕く」あらすじ

 

火村は大学で自分の講義を受講している女子学生朱美からある相談を受ける。

朱美は「15歳まで暮らしていた家が放火され、叔父が焼け死ぬをの目前にした」というトラウマがあった。それは彼女をずっと苦しめていて今でも炎を連想させる夕日を恐ろしく感じるという。

 

朱美は下心があって火村の近づいたという。

「二年前の夏。知人が殺された。未解決事件を再調査してほしい」

 

それが彼女の願いだった。事件で知人を失った朱美から事件の概要を聞き、興味を持った火村は再調査することを約束する。

 

(ここまではおそらく「朱色の研究」への伏線)

事件概要

被害者はタレントの愉良

殺害現場は自宅

第一発見者は夕狩正比古

彼は愉良の所属事務所の社長で彼女の恋人

 

正比古の証言

・部屋を訪ねたが応答がないので合鍵を使用

・ソファに被害者、愉良が死んでいた。

・部屋は荒らされていた。

 

 

部屋の鍵。

被害者本人が二つ

正比古が一つ。

 

合計で三つ存在する。

 

被害者、愉良は事件二日前に鍵を落としていた。

鍵を拾った何者か彼女を殺害し金品を奪った強盗殺人ではないか?

 

・事実

犯人は恋人である正比古。

 

彼が愉良を殺害した動機とは?使用したトリックは?

 

今回はなつかしの古畑任三郎式。

 

あらかじめ視聴者(読者)には犯人がわかっていて、

トリックや動機はなんなのか探偵役が追い詰めていく。

 

原作『怪しい店』から「ショーウィンドウを砕く」より

 

怪しい店

怪しい店

 

 

参考

 

www.ntv.co.jp

 

主要人物

火村英生(斎藤工

有栖川有栖窪田正孝

鍋島刑事(生瀬勝久

「コマチ」こと小野刑事(優香) 

 

朱美(山本美月

    他

 

被害者

愉良(小島梨里杏

読み方は「ゆら」

 

容疑者(犯人)

夕狩正比古(宅麻伸

 

 

リアルタイム感想

 

火村と諸星との対話からはじまる。

前回最後に起こった事件について

諸星さんがド直球に犯人についてあてている。

 

「あどけない少年の純粋な殺人への興味」

うん、

「人を殺してみたかった」

まさにそんなキャラぽかった。

 

火村

理性の縁からおち、そっち側におちた犯罪者がにくい

 

火村さんそれって嫉妬…?

自分はそっちにいきたくてもいけないからという

自己嫌悪的な嫉妬か何かなの?

 

 

アリスが電話で物騒なお話中。

 

サイコパス

 

二人の場面で共通して出た言葉。

 

サイコパスってアニメありましたね…

 

サイコパスとは、一言でいうと「良心や善意を持たない人間」のこと。

共感能力に乏しいと言われいます。反社会的人格障害にあたる。

サイコパスは一見すると頭がよく周り口達者でとても魅力的に感じます。

 

しかしその実、同情をひくために簡単に嘘をつき、

そのことに対して罪悪感を一切もちません。

自分の利益のために相手を意のままに操ろうとします。

 

衝動的に暴力を振るうこともありますが、

その場合相手に自分自身を責めさせたり、

同情をひかせたりしてがんじがらめにします。

 

参考 

サイコパスとは何か?

 

 

 

 

被害者と犯人のイチャラブ。(リア充ばくはt

おぉ、時計を見ながらクッションに顔を押し当てて気絶さえる…?

室内の鍵を「二つ」回収し、部屋を荒らしつつ金品を盗む。

 

宝くじがアップアップ。

 

お札は自分のお財布にいれた…?

他のものはゴミ箱にぽい。

もったいないな。

 

火村の下宿にておばちゃんとアリスが和気あいあい。

ここでも宝くじという言葉。

 

時計を気にして落ち着かない犯人と

また出たサイコパスという言葉。

「役になりきれ、シンプルに演じろ」

 

被害者との思い出が流れる。

うーん、どういう思いで犯行にうつしたんだろうか。

まったくわからん。

 

火村とアリス

殺害動機で電話すんなやww

鼻で笑う火村かっこいい。

「ありがとっ」っていうくぼりすかわいい

 

おぉ、朱美ちゃんと火村がようやく対話したね!

朱色の研究の会話きたよ!!

 

アリスのものまねする火村がええわ…

この二人マジ最高のバディ。

原作だと結構ドライな関係なんですよね。

淡々としている大人な関係。

 

ドラマだと役者さんが若いせいもあるかもしれませんが、

なんとなくこう若者的ノリが残っていて友達!って感じがしていい…っ

 

 ネタバレ注意!

事実

会社の不渡りあり。

経営が難しかった…?

被害者は実は鍵を無くしてはいなかった。

 

こうなったら覚悟を決めるしかない

その日の夜に帽子や手袋を購入。

 

犯人は

合理主義で上品で用心深い

 

火村とアリスのやりとりが熟年夫婦。

 

追い詰めてく、追い詰めてく

 

火村の疑問

なぜ部屋にあったスペアキーそのものがないのか。

犯人の侵入時間

 

 

証拠

・ブティックの店員に被害者が鍵を落としていなかったことを伝えていた

・犯人のお札から被害者とショップ店員、犯人夕狩の指紋が検出された。

 

恋人で第一発見者を疑うのは常識。

 推理小説でよくみる鉄則だけれども、

現実の事件でもそうなのかな…

動機

はっきりした動機は語られない

 

会社が倒産し経済的な問題から彼女が離れるのが辛かった。

硝子ケースの中で育ててきた彼女が他人に取られるのが嫌だった。

と語っていました。

うーん、歪んだ独占力が動機?と思ったんですが、

火村さんが一言。

芝居はいらない。

冷たい言葉を投げかけると、

 

ずっと殺したいと思っていたかもしれません。

自分でもよくわからない。

あんたならわかるんじゃないか。

 と、自分勝手なことを言い出します。

 

そこで切れたのがアリス。

論理は火村。感情はアリス。

という分担なんですね。

 

彼女はあんたの所有物ちゃうぞ

未来を夢見ることも未来で夢叶える希望も奪った

宝くじの当選を見ることもできないこんな些細な夢さえも。

 (超)要約しています。

まっとう。まっとうすぎる。

原作のアリスはなんかこう殺人事件に慣れすぎたのか

ん?と疑問に思うところもあるのですがくぼりすさんはまっとう。

(くぼりすとは窪田さん演じるアリスの略である)

 

立ち去るアリス。

黙って見つめてくる火村に

犯人夕狩は幻聴を聞く。

 

馬鹿だよ。

彼女が鍵をなくしたと騒いだ日にやってしまえばよかったんだよ。

決行が一日遅かったな

 はっきりと火村が話したシーンがなかったので、

おそらく幻聴なんだと思いますが

いやらしく口元で笑う火村さんがアップ。

 

すべて終わって火村の部屋。

アリスと火村が机で地図を見ている。

どうやら朱美ちゃんから頼まれた事件について

話しているようです。

 

「二年前の事件の関係者が近くに住んでいる。

幽霊マンションと呼ばれるオランジュ橘」

 

と、ここまで話して詳細はアリスに聞かせない。

 

早朝、一本の電話がかかってくる。

眠気眼で電話にでるおばちゃん。

 

電話の主は機械音。いわゆる変声機を使っている様子。

 

「火村さん出してもらえますか」

いぶかしがるおばちゃんに強い口調になる電話の人物。

そこにアリスがやってきて、電話を変わる。

電話の人物はアリスを火村だと勘違いする。

誰だと問いただす声を無視して、

 

オランジュ橘の807号室へ行け」

 

それだけ告げて電話を切れた。

 

うわあああああああこれ朱色の研究のシーンじゃないですかやだああああああ

 

 

次回予告「朱色の研究」

火村の元に送られてくる挑戦状

幽霊マンション

突然現れた遺体の謎。

 

火村の勤め先に在籍している朱美という女子学生から

依頼されたことをきっかけに謎の電話や殺人事件が

火村とアリス元に舞い込む。

 

朱美がいう二年前の迷宮入り寸前の事件。

彼女のトラウマとなっている15歳の頃の火事。

その二つはつながっている…?

 

すべては、朱美の依頼からはじまった。

 

 

朱色の研究 (角川文庫)

朱色の研究 (角川文庫)

 

 

関連記事

mutitumi.hateblo.jp

 

mutitumi.hateblo.jp

 

mutitumi.hateblo.jp

 

mutitumi.hateblo.jp

 

 

mutitumi.hateblo.jp