むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

臨床犯罪学者 火村英生の推理についてネタバレ感想!ネットの反応もまとめてみたよ!

▽スポンサーサイト

 

 

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)

 

 

まってたぜ!この時をな!!

 

臨床犯罪学者 火村英生の推理見たよ!

なんかもうCMがなかったら多分私は溺死していた。

萌の溺死である。萌の多供給である。

 

 公式サイト

www.ntv.co.jp

 

目次

 

 

ドラマのあらすじ

英都大学の准教授であり臨床犯罪学者である火村英生(斎藤工)と

彼の友人である推理作家有栖川有栖(窪田正考)は

警察の依頼を受けて数々の事件の捜査協力をしている。

 

 

 

一話 あらすじ

 

火村は連続通り魔事件の捜査に協力していた。

事件ではすでに若い女性が二人亡くなっている。

被害者の口の中には、謎のメッセージが書かれた紙切れ。

 

事件が起こったのは2回連続で火曜日の夜であったことから、

火村は第三の殺人が起こるのは火曜飛の夜ではないかと考えていた。

彼の予想通りに同じ手口で事件が発生してしまう。

 

被害者は若い女性。口の中の紙切れに残されていたメッセージは「NIGHTPROWLER」(ナイトプローラー)

 

それは“「絶叫城」というテレビゲームに出てくる敵役だ。

犯人は「絶叫城」の関係者ではないかと推測した火村は、制作会社やゲームに関わった人間たちを探る。しかし、第四の殺人は火村の考察がハズレた形で起こってしまう。

 

火曜日の夜ではなくその三日前に、フリーライターの雪枝(入江法子)が

背中からナイフで一突きされ亡くなった。

 

口の中の紙切れには“GAME OVER”。

 

ゲーム「絶叫城」も、4人が死ぬとゲームオーバーになることから、

一連の犯行はゲームにしたがって行われ、雪枝が最後の被害者になるのではないかと考えられた。

 

しかし火村は…

 

 

 

斎藤工が演じる火村英生

イケメンすぎる。

 

火村って原作でもイケメン描写あったっけ…(頭を抱える)

ぼさぼさあたまにだぼだぼのコート。

だらしない一面を見事に演じていらっしゃると思います。

イケメンすぎて違和感があるけど。

しかし、斎藤工さん本当にすごい。

テニミュ時代からのファンなんですが、本当にすごい。

 

窪田正孝が演じる有栖川有栖

 

想像以上に関西弁がすごい在っていて、

まさに原作から想像できる作家アリスそのもの!という感じです。

イケメンすぎるのも気にならなくなるぐらいの残念臭がします。

さすがアリス。(褒め言葉です)

 

 

ネタバレ

 

原作小説とは冒頭から違いますね。

 

冒頭は登場人物やストーリーの紹介のための

オリジナルストーリー…なんでしょうかね。

有栖川有栖さんの作品をすべては読めていないので…)

 

 

舞台は、密室。

容疑者はマジシャン(?スピリチュアルアーティスト??)。

被害者はその交際女性。

犯人はマジシャンのマネージャー。

犯行動機は情緒のもつれ。よくある三角関係のすえに…

 

ところかわって火村先生の講義

三人の女大学生と火村。

女学生と火村。

 

何回もいうよ?

女学生と火村。

 

 

このシーンは通り魔事件について視聴者について

わかりやすく伝えるために付け加えられた導入部分なんでしょうね。

しかし、この中のひとりってもしかして朱色の研究の朱美ちゃん?

もしかして朱色の研究もドラマ化しちゃう?

 

 

朱色の研究 (角川文庫)

朱色の研究 (角川文庫)

 

 

 

 

三回目の事件。刑事役の優香さん登場。

スルーする火村さんにヽ(`Д´#)ノ ムキー!!となる優香さんかわいいよ。

 

しかし、女刑事と火村。

 

女刑事と火村。

 

この並びがすっごくムカつく。火村にな。

 

このあたりのだいたいの流れは原作通り、かな?

省かれた部分もあるし、優香さんみたいな女刑事さんも登場しませんでしたけど。

いわゆるドラマオリジナルキャラキャラクター…なんでしょうか?

 

鍋島さんがかっこよかった。

うん、理想の刑事さんやで…

 

 

 

ここからは犯人ネタバレです。

ご注意ください。

 

 

犯人は第四の被害者(と思われた)雪絵さんの弟、英次です。

英次は連続通り魔事件を起こしている最中に事故に合い、入院することに。

 

姉である雪絵さんはその世話のために英次の部屋に出入りし、

弟が通り魔の犯人であることを知り、彼を守るために

ナイトプローラーに見せかけ、己の背中にナイフを突き立てました。

 

そして、遠のく意識の中、弟の容姿とは関係のない特徴を上げて、

警察の捜査の手から弟を遠ざけようとしました。

 

 

 

つまりは第三の犯行までは弟、英次が犯人です。

第四の殺人は殺人ではありません。雪絵がそう見せかけたのです。

 

 

動機は英次曰く 

「知りたかった。よくいうだろ?バーチャルな世界と現実の世界の境目がわからなくなるって。それがどんな気分なのかなって」

 

というもの。これに対してアリスは激怒し火村に止められなければ英次に殴りかかっていたでしょう。

 

 

最後のアリスの独白じみた言葉が印象的です。

これは原作にもありましたが、ドラマでは火村との会話の中で登場。

 

「あの弟、からっぽなお城みたいなやつだったな」

「のぞいてみても心の闇すら無い」

「もっとわけのわからんやつがおったぞ!」

 

 

まさしく、心の闇がーという言葉そのものをひっくりかえす

からっぽな動機にからっぽな人間。

 

 

ところで最後に出てきた火村と同じセリフをつぶやく男子高校生(?)は誰でしょう。

公式相関図では「謎の少年」とだけありますね。

 

犯罪心理学者火村英生の推理、謎の少年役「小野寺晃良」がめっちゃかわいい - むちつみ

火村とアリスにシャングリラ十字軍は今後どう関わってくるのでしょうか。

 

 

 

 

あと、絶叫城のゲームがまさに想像通りでちょっとプレイしてみたい気分になりました。逃走ゲー好きです。ホラーも好きです。今みたいなリアルさではなくて一昔前のポリゴンな感じのやつならもっと好きです。

 

 

 

 

次回は「異形の客」

 

謎の包帯男

白昼の惨劇

2話にて主役級が容疑者扱い。

原作は『暗い宿』に集録されています。

 

暗い宿 (角川文庫)

暗い宿 (角川文庫)

 

 

 予習をしておかなくては…

 

 

ネット反応

 

 

さ、斎藤工さんが演じるし多少の美化はい、いいんじゃないかな…?!

 

 

 予告をみた限りでは投げそうな感じではあった。

 

 いい演出です。

 

豆知識。ちなみに火村先生は猫派である。

 

 

しぃー!!それをいっちゃいけません

 

 

 原作アリスもかなりのトラウマ持ちである

 いわんかったんちゃう?

 

 

そんな感じはある。それにしては火村先生イケメンすぎです。

 

 

公式ツイッター

twitter.com

 

 関連記事

 二話感想ネタバレ記事

mutitumi.hateblo.jp

 

 三話感想ネタバレ記事

mutitumi.hateblo.jp

 

四話感想ネタバレ記事

mutitumi.hateblo.jp

 

mutitumi.hateblo.jp

 

mutitumi.hateblo.jp