読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

2016年から新祝日追加!8月11日は「山の日」の意味と理由について

▽スポンサーサイト

 

 

いま「山の日」制定〜「山の日」祝日化の論点

 

今年のカレンダーを何気なく見てみると

8月11日の数字が赤くなっています。

赤=つまりはお休み。

 

11日の隣には「山の日」

 

今までの祝日に「山の日」なんてあったけ?

と思ったのですがどうやら2016年から新たな

祝日としてできたみたいです。

 

(やったね!しゃちくちゃん!やすみがふえるよ!)

 

祝日が増えるの海の日以来の、実に20数年ぶりだとか。

 

目次。

   

  

 

「山の日」に込められた意味とは

 

海の日」が『海の恵みに感謝する日』

『海を身近に感じてもらう日』なら、

 

 

「山の日」

 

『山の恵みに感謝する日』

『山を身近に感じてもらう日』

 

です。

 

制定されたきっかけは『日本山岳会』という団体の要望によるもので、

実に2010年から「山の日」なるものを作るために活動してきました。

要望が通ったのが2014年で、実施されるのはそれから2年後の2016年。

 

あ、あと上に書いた意味はかなりざっくりとまとめたもので、

本来はこんないろいろな意味が込められています。

下記は「山の日」協議会のHPから引用してきました。

 

日本は国土の7割近くを山地がしめる山の国です。

 

日本人は、古くから山に畏敬の念を抱き、森林の恵みに感謝し、自然とともに生きてきました。

山の恵みは清流を生み、田畑を潤してわが国を囲む海へと流れ、深く日常生活とかかわりながら、豊かな心をも育んできました。

私たちは、愛する日本に、国民の祝日「山の日」を制定することを提案してまいりました。

「山の日」は山の恵みに感謝するとともに、美しく豊かな自然を守り、次の世代に引き継ぐことを銘記する日です。

山々が身体の健康や心の健康に、欠くことのできない国民の財産であることを再確認し、山との深いかかわりを考える日にしたいと思います。

 

出典

About Us::一般財団法人全国山の日協議会

 

 

 

 

日本山岳会

公益社団法人日本山岳会会員サイト

 

何故、2016年に実施されるのか?

 

祝日が増えるということは、

国民からしたら嬉しいことです。

 

しかし、休みが増えることにより、

逆に仕事が増える人たちもいまして…

 

例にだすならカレンダー制作。

来年の手帳などの販売は

年越しの前から行われています。

 

実施が2年後になったのは、

そのあたりの調整のためではないかと考えられます。

 

8月12日にならなかったのは何故か

 

11日って中途半端ですよね。

会社によっては連休にしてくれる、

なんてところもあるかもしれません。

 

でも、たいていのところは

 

11日は休んで12日は出勤。

もしくは休日出勤でどこかで振替休日。

 

となるのではないでしょうか。

 

 

なんでそんな七面倒臭いこと日にしたんだ、

 

と思うしれませんが、

 

8月11日になったのにはちゃんとした理由がある、

 

のではないかなと思います。

 

公式にははっきりと記載されていないので

完全なる憶測ですが…

 

8月12日は「大きな事故があった日」

 

もう何十年も前のことですが、

日本史上、世界史上最悪で悲惨な事故です。

当時生まれても居ない私でも知っているほどの。

 

さすがにこの日を「祝日」にする。

ということは避けたかったのではないかと。

 

今でも慰霊に訪れる人々は多く、

遺品などがときおり発見されることもあるとか…

 

「え?なに?知らない」

 

という方は日付でぐぐってみてください。

8月12日 と検索するだけで

その日に何が起こったのか一覧がでてきます。

 

 

まとめ

とりあえず、祝日が増えるぞぞおおおおおお

◯8月11日は祝日!!

◯お休みが増えるね!やったね!

◯企業によっては連休なる可能性も

(お盆休みは基本的に13日からなので

11日、12日プラスして6連休の可能性)

◯制定されたのは『日本山岳会』の尽力あってこそ

◯「山の恵に感謝する日」

 

山を身近に感じて欲しい、という気持ちも込められた日です。

いきなり富士山を制覇!とはいきませんが、

近くの山道を散歩、だとか観光地にある山で緑と触れ合うなど

お盆の計画に組み込んでみてはいかがでしょうか。

 

ひきこもりには関係ない話だけどね!

関連記事

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp