読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

FGO1.5部「Epic of Remnant(エピックオブレムナント)」『Ⅱアガルタの女』についてにわかが予想・考察もどき

FGO ゲームについて
▽スポンサーサイト

 

1.5部は新宿の予想で大外ししたなありです。

 

 

新宿はまさに”虚構からの企て”でしたね!

最終決戦は燃えました。最高でした。

なにこれあの人なの?ねぇねぇあの人なの???という感じで。

 

本当に最高でした…

 

ここでまたこりずにⅡアガルタの女について考察していきたいと思います。

 

目次

 

   

  

1.5部、Ⅱアガルタの女についてあれこれ考察してみた

f:id:hioari96:20170217192052j:plain

アガルタとは

アガルタ、でぐぐると陰謀説と絡めて説明しているサイトがずらりと並びに何がなんだかわからなくなります。

とりあえず、ウェキ以外で陰謀説を取り払った説明文がありましたので下記に引用させて頂きます。

 

世界大百科事典内のアガルタの言及
【シャンバラ伝説】より

… この伝説は17世紀にF.カブラルらイエズス会の東洋布教報告を通じてヨーロッパに伝えられ,チベットに対する秘教的な聖地崇拝観がかたちづくられた。19世紀にはブラバツキーが出,シャンバラの賢者マハトマからの使命と称して神智学運動を開始し,またシャンバラ伝説をさらに神秘化させたと思われるスリランカの地下聖都アガルタAgharta伝説が,東洋通のフランス人神秘家ダルベードルSaint‐Yves d’Alveydreによって喧伝された。20世紀に入ってからは,ロシアの神秘思想家レーリヒが本格的にシャンバラ思想を展開し,ソ連とアメリカの和解と心霊的な世界連邦樹立を目指して活動した。…
※「アガルタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。
出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエ

出典:アガルタとは - コトバンク

 

現在では地底に存在する理想郷。

よくある都市伝説のひとつとして語られているようです。

 

ブラバツキーとはFGOにおいて実装されているエレナ・ブラヴァツキーのことです。

また、シャンバラ、というのは理想郷に対する総称もしくはアガルタの首都を意味します。

 

舞台は理想郷という名のディストピア?

 

氾濫する幻想都市、悪辣(あくらつ)なる理想郷
その地を支配するは、百花乱れる『女』たち──

 

理想郷はだいたいある一部からはディストピアになるんやで(偏見)

「女」が支配する悪辣なる理想郷…ですか。

 

キャッチコピーはたしか、 

 

ーたとえばそれは空想からの征服ー

 

 

でした。

 

空想からの征服。

つまるところあれですかね。

 

女性だからの天国で男性にとってハーレムでした!!となったら実は男性は馬車馬のごとく働かされていて、奴隷扱いの種馬扱いされているディストピアだった…という?

女性にとっての天国。

男性にとっての地獄。

 

というの容易な展開をきのこがFateがFGOが持ってくるわけがないのでたぶん外れている。

 

女性たくさんの国=ハーレムという図式の空想が支配を目論む???

うーん、やはりがらんどうなわたしの頭ではわかりかねます…

 


Fate/Grand Order【新章】 -Epic of Remnant- PV

動画で流れていた言葉が以下のとおり。

 

 地底人大空洞

女戦士たちの雄叫び

桃の芳香

煌々たる城壁

暴虐と狂乱の英雄

幻想者

歪みなき願いの歪み

黄金の密林

無空の天

 

敵は主にアマゾネスが登場しそうですね。

女性特攻持ちが輝く時がきた…予感。

今まで星3で男性特攻持ちのエウリュアレちゃんが輝きまくってましたからね。

 

個人的にはショタ大活躍の予感。

ほら紅顔の美少年とかのスキルがものすごくかかりやすそうなので…

しかし女だらけの国とはランスロット(剣)あたりを放り込みたい所存である。

 

予想:アガルタの女に登場するサーヴァントは?

 

・エレナ・ブラヴァツキー

 

の可能性はそれなりに高いかなぁ…と。

あと、アジア地方の地下に存在するという話もあるのでインド関連のサーヴァントも登場するかもしれません。

・カルナ

・アルジュナ

・ラーナ

 

 

あたりですね。

ぶっちゃけこのあたりでシータちゃんを実装してくれてもかまわないんですよ運営さん

 

それ以外はまったく予想がつきません。

新宿の時も”彼”や”彼女”たちがカルデア陣営として仲間になってくれるなんて思いもよりませんでしたし。

きっと予想できないメンバーをぶっこんでくると思います。

 

地下=冥府関係でエレキシュガルを実装してくれてもかまわないんですよ運営さん。

 

アガルタ、地下に存在するというところから考えてみる

地下というと冥府や黄泉に繋がります。

あの世ですね。

ウルクでも冥府は地下にありました。(エレちゃん実装はよ)

 

あまり神話には詳しくないので日本神話とギリシア神話ぐらいしかわからないのですが、イザナミとイザナギ、オルフェウスの冥界下りを連想しますね。

 

イザナミとイザナギはミコミコ狐巫女玉藻の前が名前を出していましたし、FGOの設定では彼女はアマテラスの化身みたいな感じで書かれていましたから…娘を心配しての登場はワンチャンあり…かも??

 

オルフェウスの方もギリシア神話の神々は実装、登場していますから可能性はあると思います。

 

あと、冥界つながりでエレちゃんw(r

 

登場敵キャラも予想してみたよ!

登場する敵はアマゾネスの線が濃いでしょう。

キメラとか合成獣もこれまた登場しそうです。

新宿の時はある程度敵のクラスが固まっていたので、今回もおそらくある特定のクラスに偏る可能性が高いと思います。

 

そして女性特攻がようやく輝くときがきた!たぶん…

 

「女」が支配する理想郷ですから、登場キャラクターは女性が多いのは間違いないでしょうし。

そして敵側が「男性特攻」を持っている可能性も高い。

 

と考えられます。

 

考察まとめ

 

登場するサーヴァント→予想外のやつがでてくると思う。それ以外わからんネ!

確率が高そうなのはエレナ、ラーマ、アルジュナ、カルナのアジア系統。

未実装でも地下=冥府と考えればエレキシュガル登場の可能性もワンチャン在り…??

 

登場する敵→たぶん女性属性持ちなので女性特攻が輝き、男性特攻で男鯖が死亡すると思われ

 

ストーリー予想

できるわけがないよネ!!!

 

Ⅰ新宿が(悪役が正義の味方のになっちゃう的な)「二次創作」という形でぶっこんできたので次もおそらく思いがけない方向からぶっこんでくるでしょう…おそるべしFGO…おそるべしきのこ…おそるべしシナリオライター…

追記(2017/03/24)

ストーリー予想 其の一

空想からの征服、という言葉から連想するのは「都市伝説であるアガルタが現実世界に向けて征服をはじめる」というストーリーですが、安直すぎてどうかな…。

あと征服といえば征服王がお出ましし、孔明先生も登場しそうな気になってきます。

ストーリー予想 其ノニ

ありもしない”空想”のアガルタという理想郷の存在を盲信して動く狂信者との戦い、とか?あ、だめだ狂信者の時点でもうクトゥルフしか思い浮かばない(それは異端なるセイレムまで待って)

関連記事

 考察記事

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp

 

 1.5部ネタバレ記事

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp