むちつみ

無知は罪らしいので気になったことや流行りの話題をまとめてみる

ねこあつめの合言葉「甘露密」の読み方とは?意味は何だろう

▽スポンサーサイト

f:id:hioari96:20151205011722p:plain

ねこあつめのあいことば「甘露蜜」

読み方は「かんろみつ」

 

であっていると思います。

 

甘露は”かんろ”と読みます。

それにはちみつの蜜(みつ)で”かんろみつ”

 

グーグル日本語入力ではPCだと一発変換できました。

スマホでは、かんろ、みつ、とわけて変換したほうがいいと思います。

 

目次

甘露蜜(かんろみつ)とは何?

「甘露蜜」とは、お花の蜜ではなく、樹液から作られたはちみつのことです。正確にいうと、甘い樹液を吸った昆虫が、糖の成分だけ樹木に残していったものを、蜂さんがとってきて、はちみつにしたものです。

出典:生はちみつの風味の違い~「単花蜜」、「百花蜜」、「甘露蜜」とは?~ | 生はちみつ案内人

 

 

どうやらハチミツの種類のことのようです。

ハチミツと一概に言っても種類があり、甘露蜜(かんろみつ)はその中の一つ。

 

はちみつ、といえば花の蜜から作ったもの、というイメージがありますが甘露蜜(かんろみつ)は木の樹液から作られたハチミツのことをいいます。

正確には引用部分をよく読んでね!

 

ハチミツにも種類があって、

  • ひとつの種類の花の蜜からとった「単花蜜」
  • 複数の花の蜜から採取した「百花蜜」

 

があるようです。

 

甘露(かんろ)の意味

[名]
1 中国古来の伝説で、天子が仁政を施すと、天が感じて降らすという甘い露。
2 《(梵)amṛtaの訳。不死・天酒の意》天上の神々の飲む、忉利天 (とうりてん) にある甘い霊液。不死を得るという。転じて、仏の教え、仏の悟りにたとえる。
3 煎茶の上等なもの。
4 夏に、カエデ・エノキ・カシなどの樹葉からしたたり落ちる甘い液汁。その木につくアブラムシから分泌されたもの。
5 「甘露酒」「甘露水」の略。
[名・形動]非常においしいこと。甘くて美味なこと。また、そのさま。「ああ、甘露、甘露」

出典:かんろ【甘露】の意味 - goo国語辞書

 

なんだかいろいろとありますが、この場合はいちばん下の「めちゃくちゃ甘くておいしいこと」という意味でしょう。

 

つまり、甘露蜜とは「めちゃくちゃ甘くておいしいハチミツ」

のこと

 

 

で、いいのかなたぶん…

 

これまでのあいことば 

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp

mutitumi.hateblo.jp